5年前に購入した任意売却にて購入した物件

依頼者の再起を期待したリースバック契約にて進めてきましたが、最終的には、裁判にて強制執行し家賃も1年以上滞納して逃げてしまいました。

相続や老後のために早めの売却でのリースバックと違い事業に失敗しその再起を図るため支援策として続けていました任意売却のリースバックは今後このような末路になることが度々出てくるようになりました。そもそも住宅ローンの滞納や金融機関からの借り入れに困りリースバックでの自宅の売却には、非常にリスクがあります。なぜなら依頼者自体しばらく金融機関からの借り入れが難しく賃貸での保証契約が組めないからです。

この教訓から今後このようなリースバックは行わないことに決定しました。

貸倒、借り特に注意しましょう。これも事業リスクですね。仕方ない・・・・

任意売却ブログの更新久々です。

現在一件の任意売却を行っていますがなかなか進みません

進みましたら更新します。

ちなみに現在競売は落札なしです。凹

2015年 ハロウィン写真 鷺沼

アルプス外国語スクール

 

10月の入札は二俣川のビルに注目しています。

5000万ぐらいでしょうね。大台が落札者ですね。

11月の初旬の物件に着目しています。

東神奈川のマンション築8年ですが程度はいいです。

2億8千万で建てたみたいですが、1億8千万ぐらいで勝負したいものです。

本日任意売却で高田馬場にあるビルを購入しました。

テナント募集予定です。

任意売却物件 IMG_3055

 

雇用実態としては、かなり改善してきましたね。しかしその反対がある事を忘れています。退職者が居るという事です。団塊世代のリタイヤが頻繁に行なわれる時期が今年もやってきます。新規の雇用を増やせば今居る従業員を制さして退職させる動きは当然あるからです。特に高齢の高所得者はリストラの対象でしょうね。この世代は、まだ住宅ローンも数年残っている方がほとんどで、退職金をもらえる方は問題ないかもしれませんが、もらえない方は家を売らざる終えない方も多く出ると予想しています。

今年の秋は、忙しいでしょうね。

4月からの消費税増税に伴う駆け込み需要か終末を迎えています。

有名アナリストも4月からのGDPも緩やかに下がると言っていましたが、無理に住宅を購入した人も居るでしょうね。つまり秋口に期待していたボーナスがもらえない人が続々と増えてきそうな気がします。増税を見極めてからでも遅くない買い物を期間限定で買い付ける行為は自爆にちかいと思います。物件はタイミングその動機付けとしていい時期かもしれませんが本当に必要な時期だったのかです。いい物件が出たら買う事を基本に探してほしかったですね。高くなるからと言って焦って買うほど高くなりません。今年の秋口に買うのがいいですね。つまり、買う時期が出来るという事は、売らざる終えない時期が来る→任意売却に成らざる終えない依頼者が増えるでしょうね。必ず増えます。払えないローンを無理して組んでいる人が非常に多いからです。

3月もいよいよ後半戦

駆け込み需要により売買契約の決済が盛りだくさんです。

弊社も今週は、ぎりぎり3件の決済がありますが中には間に合わない契約もあります。

個人売買の物件は、非課税ですから焦らなくても消費税は上がりません。上がるのは、仲介業者の手数料だけです。急いで買って4月からの値下がりの方が特かもしれませんね。

間違いなく夏にかけて少し安くなると考えています。

6月が狙い目!!!!!

今年の任意売却救急センターの活動目標

神奈川県・東京都・千葉県を中心に任意売却物件の取り扱いを強化していく予定です。また、去年はおかげさまで数多くの問合せが有り充実した運営が出来ました。その中でもリースバックに関するお問い合わせが圧倒的に多く今年も去年の流れを汲むようでしょうね。

任意売却救急センター

運営会社:株式会社アルプス建設

 

任意売却のお問い合わせ先は:

任意売却救急センターでは、下記4箇所にて運営しております。

最寄りのセンターにお越しください。

センターによっては運営時間が違いので、訪問前にお問い合わせください。

http://www.ninbai99.com/company/access.html

 

成功事例:http://www.ninbai99.com/case/index.html

12月にはいると任意売却交渉が難航します。単純に年末年始のお休みが入るからです。銀行やその他のサービサーは、年末ぎりぎりまで仕事を終わらせる事はしません。万が一終わらない場合年を越してしまうからです。どうせなら年を越してからにした方が確実です。

任意売却の相談も11月の後半から12月の初旬が最終リミットですね。

年明けからの交渉の方が落かもしれませんね。