5年前に購入した任意売却にて購入した物件

依頼者の再起を期待したリースバック契約にて進めてきましたが、最終的には、裁判にて強制執行し家賃も1年以上滞納して逃げてしまいました。

相続や老後のために早めの売却でのリースバックと違い事業に失敗しその再起を図るため支援策として続けていました任意売却のリースバックは今後このような末路になることが度々出てくるようになりました。そもそも住宅ローンの滞納や金融機関からの借り入れに困りリースバックでの自宅の売却には、非常にリスクがあります。なぜなら依頼者自体しばらく金融機関からの借り入れが難しく賃貸での保証契約が組めないからです。

この教訓から今後このようなリースバックは行わないことに決定しました。

貸倒、借り特に注意しましょう。これも事業リスクですね。仕方ない・・・・

 

 

コメントを残す